Pocket

こんにちは、染谷です。

 

 

 

日本に戻って少しずつ元の生活に慣れてきました。せっかく海外にいたので普段だったら考えないような今後の物販業界について考えてみました。(日本にいるとどうしても自分で作業してしまうのでたまに俯瞰して物事を考える時間を海外にいったりして強制的に作ってみるのも有効な手段だと思います。)

 

 

 

 

 

現在の物販業界の現状

 

2018年現在いわゆる転売で主に利用されているプラットフォームは4つあります。

 

・Amzon

・ヤフオク

・メルカリ

・楽天

 

他にもBUYMAやBASEなど新しいプラットフォームは続々と誕生していますが現状この4つが取引量で抜けています。(新規のプラットフォームはどちらかというと○○専門などニッチな市場を狙うので巨大にはなりにくいです)

 

 

 

僕自身上記の4つとも販売経験があるのですが数年前とはかなり変化してきています。

 

 

 

 

一番の衝撃はメルカリの躍進

 

たまたま昨日メルカリが無事上場しましたのでタイムリーでしたがこの数年で一番の衝撃はメルカリの躍進でした。最初僕はどちらかというと女性のアパレル向けのフリマアプリ程度だろうと勘違いしていましたが今ではかなりマニアックな商品も販売されていますし気軽に販売、購入できるという意味では日本で一番のサイトになりました。(あとは鬱陶しい値下げ要求対策とかしてほしいですが(笑))

 

 

 

メルカリの躍進でまともにダメージを受けたのがヤフオクとブックオフかなと思います。一応ヤフオク自体は増益を続けていますが成長率は鈍化していますし気軽に売買出来るメルカリを真似たサービスを提供し始めましたが逆に出品者から不評を買っている現状とヤフオク=面倒くさいというイメージを払拭するのは個人的には無理だと予想しています。

 

 

 

大ダメージなのはブックオフ

もっと悲惨なのはブックオフで元々単行本から電子書籍に変化していく中でダメージを食らっていたところにメルカリ砲を放たれたといったところでしょうか?ブックオフに本を売った経験がある方なら分かると思いますが買い取りで大体1冊5円から10円などかなり安く買いたたいて店内で300円程度で販売するといったビジネスモデルでしたがメルカリで自分で中古の本を売れば数百円で販売出来てしまうので売る側としたらメルカリに当然流れてしまうわけです。(たまに発送が面倒とかいう人がいますが買い取りの手間と発送の手間にほとんど違いはないはずです)

 

 

 

 

今後どうなるか王者Amzon

ここ数年で一番参入する人が増えたのが小売業界の王者Amazonです。圧倒的な品ぞろえと使いやすいサイト設計、安心の配送サービスで顧客を満足させてきました。僕たち販売者側からしてもAmazonの知名度と集客、配送を代わりにやってくれるとあって最高のパートナーとして過ごして来れました。今から数年前はかなり出品基準が緩かったのもあっていわゆる転売ヤーにとっては天国のようなプラットフォームでした。

 

 

 

一気に厳しくなった規制

 

しかし、2016年ごろから一気に風向きが変わり始め様々な出品規制が行われ始めました。家電メーカーや色んな各所からAmazonにクレームが入った結果Amzonは出品者を締め付けるという対抗策に出ました。家電、アダルトフィギュア、並行輸入など昨日まで普通に出品していたのに急に出品出来なくなりました。出品者からするとある日急に販売出来ない在庫が発生してしまうわけです。

 

 

 

出品者 「そ、そんなAmazon先輩 今まで手を取り合って一緒に成長して来たんやないですか?」

 

Amazon 「知らんがな。お前らが勝手に販売してただけやろ?( ゚Д゚)」

 

 

 

このようなやり取りが日本中で行われていました。一時期盛り上がっていた転売ヤーは今はメルカリに流れてちゃんとビジネスとしてAmazon販売に取り組もうとしてる人が増えています(中国輸入とかでOEM商品を作って自社ブランドで販売などが最近多いです。難しいけどね(笑))メーカー仕入れも結局メーカー側に許された範囲で販売するだけなので利益率は低めになることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

一番いいのはやっぱり??

 

 

 

今後恐らく一番いいのは自分の独自ネットショップを運営することだと思います。もう数年前から言われていましたが昔は独自ネットショップは集客、運営でハードルが高かったんですが今はかなり安く作れますし運営も出来ます。デザインも自分でできなかったらランサーズなどで募集すれば安く制作してもらえばいいだけです。ネットショップの一番のメリットは自分でルールを作れるということです。

 

 

・売る物も自由

・価格も自由

・発送日も自由

 

 

 

僕もネットショップを実は去年から始めてたのですが徐々に注文が入り始めてきました。それでもまだ月平均50.60万ほどですがプラットフォームでは出来ない集客だったり色んな試行錯誤を繰り返してきました。この経験はプラットフォームビジネスではなかなか出来ない事だと思うのでいい経験値を付けれたと思います。

 

 

 

 

 

それでもチャンスはある

 

 

色々と書いてきましたが未だにどのプラットフォームでも間違いなく稼げます!大体少し下火になると「○○はもう終わった」とか言う人が多いですが単に諦めが早いだけか不安を煽って儲けようとしてるだけです。

 

ヤフオク価格590250円ーイーベイ価格317789円ー手数料50997円=221464円の利益。

 

 

 

散々終わったとか言われているイーベイ輸入でヤフオク販売ですが今もこうして一回の販売で20万円以上利益を出してる人が存在してる事を考えたら稼ぐチャンスなんてどこにでもあります。大事なのはいかに市場のニーズを見極めて販売することですので普段から考えて行動していきましょう。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

カテゴリー: マインド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です