Pocket

お久しぶりです。染谷です。

 

 

 

前回の更新から大分期間が空いてしまいました( ゚Д゚)約1か月ほど何をしていたかと言いますと・・・海外旅行に行ってきました!

 

 

 

 

行き先はどうせなら普段行かない国がいいなーと思っていたのでカタール、アゼルバイジャン、トルコの3か国に行ってきました!(なんとなく名前は知ってるけど行ったことはない人がほとんどだと思います。)

 

 

 

 

3か国行ってみての感想

 

それぞれどんな国だったかというと・・・(個人の感想です(笑))

 

カタール→予想以上に死ぬほど暑い。

 

アゼルバイジャン→予想よりも発展してたけどまだまだ課題がありそう。

 

トルコ→トルコも凄い発展してましたが完成度は低めかな。

 

 

 

 

順番的にカタール→アゼルバイジャン→トルコ→カタールの順に観光したのですがトルコでまさかのカメラ盗まれるというハプニングがありました(笑)がどの国もそれぞれ楽しく治安も全く問題なかったので是非機会があれば行ってみてもいいと思います。

 

 

 

 

謎の国アゼルバイジャン

 

せっかくなので3か国で一番マイナーなアゼルバイジャンについて話していきます。

 

 

 

まずアゼルバイジャンってどこやねん?って感じだと思いますので国の場所ですがイランの北側でロシアの南側にあるって言えば一番分かりやすいかと思われます。文化も含めて中東風のヨーロッパといった表現が近いかと感じました。

 

アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージアのコーカサス3か国ツアーは日本でも近年人気みたいです。(ちなみにアゼルバイジャンとアルメニアは超仲悪いので注意して下さい)なんで今回アゼルバイジャンに言ったかというと完全に気まぐれでたまたまF1を見てたら開催してたのでちょっと行ってみようと思い行ってきました!

 

 

 

 

僕は今回アゼルバイジャンに1週間ほど滞在したのですが良かった点と悪かった点を挙げていきます。

 

 

良かった点

 

・美人が多い

・ラム肉が意外と上手い

・物価が安い

 

 

悪かった点

・車の運転が荒い

・人が適当

・町が汚い

 

 

このような感想を受けました。

 

国自体は原油で一時期儲かってガンガン新しいビル立ててたけど原油の値段が下がって大打撃を受けてビルの開発途中でストップしてるビルがたくさんあるそうです。男性の方には朗報ですがアゼルバイジャンは美人さんがかなり多かったです!しかもいわゆるヨーロッパのモデルみたいな高身長タイプではなく日本人と同じような体格の人が多かったです。ただデメリットの町が汚いですが本当に至る所にゴミが落ちています。町中にでかいゴミ箱はあるにはあるんですがゴミ箱からごみが溢れかえってても誰も気にしないで更にごみを捨てていきます( ゚Д゚)

 

 

 

このように変わった形の建物はいっぱいありました。こちらは日本でも話題になったザハさんのデザインしたビルです。街自体は普通に発展してるのですが細かい部分でやはりマイナス点が見られます。例えばかっこいいビルを建てても近くで見たら鳥のフンなどの汚れだらけなどでメンテナンスなどは苦手そうです。

 

 

現地の日本人の方に色々と聞くととにかくアゼルバイジャンの悪口しか出てきませんでした(笑)とにかく適当、見栄っ張りの言葉が多く出てましたがとにかく偽物でもいいからブランドの服を着たり家はボロボロでもいいから車はピカピカのベンツに乗ってるみたいです。偽物の店はアメ横みたいな店がいっぱいあるのでかなり出回ってます。僕も行きましたがグッチの財布が3000円とかナイキのエアーフォーワンが2000円とかで皆偽物って分かっていても関係なく買っていくそうです(笑)

 

 

 

 

世界遺産の乙女の塔

恐らく一番アゼルバイジャンで観光客が集まるバクーの世界遺産乙女の塔です。ヨーロッパからの観光客がたくさん来ていました。

 

 

 

泊まったホテルはフレイムタワーという名前のホテルで大統領の奥さんがオーナーらしいです。

夜はライトアップされます。

綺麗なホテルですが前もって予約すれば1万から2万くらいで宿泊出来ます!

 

 

前大統領のヘイダルアリエフという方のお陰でソ連から独立出来たのでその影響力は大きく現在は息子が大統領を務めています。その影響か軽い独裁国家のように大統領を誉め称えるTV番組がかなり多いです(笑)

 

 

 

 

アゼルバイジャンの生活

 

さてアゼルバイジャンの生活ですがたった一週間程の滞在の感想ですが治安は全くといっていいほど問題ありません。滞在中は毎日夜に一人で飲み歩いていたのですが危険だと感じたりはしませんでした。ちなみに国民のほとんどがイスラム教なのですが何故か飲酒はOKらしく皆かなりのお酒好きです。アゼルバイジャン産のビールもあって大体瓶ビール1本で150円ほどのお得なお値段で買えますし味も美味しかったです!

 

物価はコーカサス地方では一番高いそうですが日本より全然安く通貨はアゼルバイジャンマナトという通貨で大体1マナトが日本円で60円ちょっとです。スーパーでパン2個とコーラ1本で3マナト(約180円)ほどですし高くはない印象です。日本人の人に聞いたらレストランの従業員で月収350マナト(23000円ほど)ほどで1人雇えるそうです。(面白いのは医者の月収が低く250マナトらしいので医者のレベルが低いとの事。)給料はやはり原油の会社の人はかなり高級みたいです。

 

 

 

現地にいけば分かりますがとにかく皆車の運転は荒いです汗スピードは出すしウインカーは出さないしクラクションは朝から晩まで鳴りっぱなしの状態です。そして歩行者用の横断歩道が本当に少ないので渡るときは覚悟を決めて車道を渡るしかありません(笑)最初相当びびりましたけど終盤は慣れましたが少しでも躓いたら間違いなく轢かれてしまいますので今後行かれる方は気を付けて下さい。

↑分かりずらいですが歩道が無いのでここをまっすぐ進むしかありません(笑)

 

ちなみに日本車は圧倒的にレクサスが多かったです。あとは日産のインフィニティもよく見かけたのでやはりお金持ってる人は持っているような印象でした。

 

 

移動ですがバクーは狭いので電車使うより車で充分だと思います。そしてタクシーよりも配車アプリのUberが便利です。僕は今までUber使ったことなかったのですがめちゃくちゃ便利です。グーグルマップで行きたいところがあったら目的地を設定してポチっと配車するだけす。

 

・面倒な道順説明不要

・チップなし

・会話不要

・値段がタクシーの半額

 

運転手も評価があるので安心して選べますので本当に便利です。(これは既存のタクシー会社は負けるなと思いました)

 

 

 

 

 

 

それと有名なカスピ海は残念ながらめちゃくちゃ汚いです。個人的に見るのを楽しみにしていたのですが油は浮いてるはゴミは投げ込まれているはですし生活排水が流れ込んでいるみたいでとても泳げる状態ではありませんでした。カスピ海の前に公園があるんですがかなり大きく家族連れの人がたくさんいました。

 

 

あと日本人の方に教えてもらって面白かったのはアゼルバイジャンはイスラム教の国なのに飲酒もOKですし普通にカップルは人前でイチャイチャしているのですが婚前セックスは禁止みたいです。そ、それは厳しいな( ゚Д゚)と思っていたらなんとセックスしたいが為に取り敢えず結婚してしまうみたいです(笑)ある意味自然なことですが当然計画も立てていないので上手くいかないことが多く結局離婚率が物凄い高いみたいです(笑)うーん日本の少子化対策の参考にならないかな(笑)

 

 

 

 

 

アゼルバイジャンのまとめ

 

とまあ色々と悪いことも書いてきましたが日本に比べて国民が能天気といいますか明るいといますか自由な国だなと感じました。何も用がなくても取り敢えず家から出て誰かと話してる人が多く引きこもりとかは恐らく存在しない国だと思います(笑)元々お金の無かった国が独立して今まさに成長途中の状態を知るいい機会になりました。日本の方が単純に良い生活はしてると思いますが将来に絶望している人の数もかなりいると思います。日本にいて悪いところばかり目につくようになった時はこうして海外にいってみると日本が恵まれていることを肌で実感できますし日本で暮らせる幸せは知っておきたいなと思います。

 

 

 

 

そしてこんな旅行シーズンでもないのにこうして海外旅行に何週間も行けるのはサラリーマンをしていたら絶対に出来ないことだと思います。旅行中も注文が入ったら倉庫から発送するだけでしたしリサーチも外注さんに任せてましたのでほぼ自動でお金が入ってくる仕組みを作れていたのでインターネットさえあれば場所は自由にお金を稼ぐことが出来るメリットを改めて感じました。

 

 

 

 

もし今少しでも収入や状況に不安があるなら少しずつでも何か別の収入源を作っていきましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です