Pocket

こんにちは、染谷です。

 

 

 

大分更新が止まっていました汗

 

 

実は今週は国内ですが小旅行に行ってきました。GWも終わったので観光客も少ないだろうと思ってベタに奈良や京都に行ってきたのですが外国人観光客の多さにびっくりしました( ゚Д゚)昔行った時は今ほど多くなかったのですがやはり時代の変化が感じれますね。特にアジア系の人たちはやはり海外まで観光で気軽に来れるほど余裕が出来たのも国が経済成長して所得が伸びたからでしょう。

 

 

 

 

それにしても京都や奈良は外国人受けする建物や街並みが多いのでかなり得している気がします。日本人なら住みたくないはずの古民家も彼らには「クール」に見えるのも面白いギャップなんだと思います。それに前も書きましたがカップルや夫婦でパートナーと一緒に休暇取って平日に海外旅行出来る日本の会社ってほとんど無いように思いますが海外では普通なんでしょうね(笑)

 

 

 

 

旅行から学んだことを生かす

今回ベタに京都に行って色々と観察してきましたがいわゆる観光地値段といいますか明らかに買ってもしょうがないだろみたいな物も観光客がガンガン買ってるのをみて改めてビジネスはギャップを埋めることがポイントなんだなと実感しました。

 

 

 

 

僕らならいらない地名の入ったペナントや提灯も外国人からしたら「日本でしか手に入らない物」に変わって原価で恐らく数十円でも1000円から2000円の値段で販売出来るんですね。

 

 

 

このブログのイーベイ輸入も原理は同じで欲しいけど日本ではなかなか売ってないけど「ヤフオクなら売ってる」状態を作ってギャップを埋めているわけです。

 

 

ヤフオク価格36000円ー手数料3110円ーイーベイ価格17717円=15173円の利益。

 

 

ほんの少しのギャップを埋めることが出来ればこのように利益を出すことが出来ます。

 

 

極論ですが皿なんて日本でどこでも買えますし100均の皿でも乗せるだけなので使い方は一緒です。しかしそれでも36000円出してでもヤフオクで買ってくれる人はたくさんいます。それは買ってくれる人の「あのブランドの皿が欲しい」というギャップを埋めることが出来るからです。

 

 

是非あなたの近くのギャップを探してみてください。

 

 

余談ですが外国人相手に日本の商品売るの楽しそうだなーと思ってて海外に観光ついでに行商に行こうかなと密かに計画しています(笑)なにか外国人受けする商品があったら教えて下さい。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

カテゴリー: マインド日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です