Pocket

こんにちは、染谷です。

 

 

 

 

4月もあっという間に半分が過ぎてしまいました。新生活が始まった方は疲れが溜まってくるころかもしれませんね。さて個人的にですが以前外注について書いたところ質問が色々とありましたので答えていきます。ただしあくまでも個人的な意見ですので参考程度にしてみて下さい。

 

 

 

まず現在の僕の外注さんにしてもらっていることですが

 

・リサーチと発送作業

 

この2点です。受け取りも半分はやってもらっていますが完全に任せることが出来ていない状態です。

 

 

・リサーチ

・入札、支払い

・受け取り

・出品

・発送

 

物販はこの5点の作業ですのでまだ完全に人任せの状態にはなっていません。

 

そもそも外注は必要なのか?

 

よく外注は別にいらないなんて言ってる人がいますが僕は必要だと思っています。何回かこのブログで言っていますが物販は誰がやっても結果が変わらない作業が結構あります(あの人が発送したら高く売れるなんてことはないです)この付加価値を生まない作業に時間を奪われるのは避けるべきだと僕は考えています。特にサラリーマンの方は作業時間を少しでも減らしていかないと単純に本業(労働)が終わってからまた副業(労働)の構図になりやすいです。最初は大変でも勝手に作業してくれる状態を作っておいた方が後々楽になります。

 

 

 

ちなみに僕の場合ですがリサーチは完全に外注さんに任せています。

 

外注さんからチャットで商品のURLとオークファンのURLを送られてくるので僕がチェックしてOKなら1件100円ダメならNG、落札できたら+200円といった具合でやっています。(支払いの部分などがやはり完全外注化へのネックになっています。)

 

 

外注を雇って感じたこと

 

外注さんは残念ながら基本的にはそこまで仕事に対して意欲が高いというわけではありません。特にクリエイティブな仕事でもない限り時間が余った主婦や学生さんが応募してくることが多いです。当然物販の知識もありませんしトラブルになることも多いですがそれでも育てていければ貴重な戦力になってくれます。

 

 

外注さんを育てるには

 

 

作業マニュアルを作る

そもそも物販に対しての知識が0の状態ですので作業マニュアルを事前にしっかりと作った方が良いです。マニュアルがないとその場しのぎの状態で外注さんも自分もどんな作業をしたら良いのかやどんな仕事を求めらているのかも分からない状態になってしまいます。※意外と外注さんを育てるときに役立つのが学生の頃のアルバイトの経験です。まず上司にあたる人(つまりあなた)が手本や説明をして確認しながら教えてくれたはずです。

 

 

 

報酬は成果報酬制で

あとは報酬やお金については事前にしっかりと確認をしましょう。揉める理由はほぼお金ですので物販なら1件○○円といった成果報酬型にして管理しやすい制度にした方がいいです。間違えても時給制にしてしまわないようにしましょう。(時給制にするとあなたは間違いなく時給分働いてもらおうと思うので外注さんに強く当たったりしてしまいがちです。)

 

 

 

上手く育てばラッキーの感覚

そもそもリサーチや発送作業は外注さんも自分に向いてるかどうかも分からない状態で応募してきますので仕事に向いてるかどうかも分かっていません。PCの前で何時間もリサーチするのに耐えれない人もいますし(僕の事ですね(笑))

普通の会社の感覚で雇うのではなくて複数雇って一人残ったらラッキーくらいの感覚でいた方がいいと思います。ブラック企業の社長みたいなことを言ってますが外注さんもとりあえず応募してみて作業して「やっぱ合わねーから辞めますわ」くらいの感覚ですので全員一生懸命に育てようとしなくて大丈夫です。

 

 

 

 

会社員の方は必須

かなり大変みたいなことを書きましたがなんだかんだメリットは多いので外注化は早めに頭に入れておいた方がいいです。特に会社員の方はどれだけ物販で稼いでいても全部の作業を自分でしていたら「労働」から抜け出せていない状態ですので注意してください。(どんだけ労働嫌いなんだって話ですが(笑))それに外注化はいずれ独立したり起業する場合の人を雇う、育てることに関しての絶好の練習の場になります。以前なら会社で軽い感じで雇用して使えなかったらクビなんて出来たりもしましたが今はなかなか社会的にうるさいので難しいです。今のうちに人を育てることを経験しておいた方が今後メリットが多いと思います。

 

 

 

 

是非今ある程度稼いでいる方はこれを機に外注化することを考えながら行動してみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

カテゴリー: マインド基礎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です