Pocket

こんにちは、染谷です。

今日は前回に引き続きリサーチ方法について解説していきます。

 

今日のテーマは予告通りほかのメーカーを探す方法です。前回の内容はこちらからどうぞ。

 

輸入転売で稼いでいくにはリサーチが一番重要になってきますが今回のほかのメーカーを探してみる習慣はとても大事です。

 

例えば前回同様「シュタイフ」で探していきます。

 

シュタイフはドイツのぬいぐるみメーカーです。当然ですがぬいぐるみメーカーは他にもあることが予想できます。メーカーを調べるにはオークファンプロでいい機能があるので紹介します。

それはカテゴリから検索して派生させる方法なんですが実際に見ていきましょう。

カテゴリは商品ページの上に表示されています。

これでシュタイフはおもちゃ、ゲームの中のぬいぐるみのテディベアの中の一つのメーカーだと分かりました。そこで一つ画面を戻してオークファンプロの左側にカテゴリで絞り込むの欄があるのでおもちゃ、ゲームからぬいぐるみで絞り込むをチェックします。

ぬいぐるみだけで検索すると今月だけで49255件も出てしまいました。

ここで利益の出しやすい30000円以上で検索しましょう。

258件まで絞り込むことが出来ました。ここからシュタイフ以外のメーカーを探してみます。すると面白そうなメーカーを見つけました。

クリックすると・・・

メリーソートというメーカーがあるのが発見出来ました。ここでメリーソートで過去1年間で価格30000円以上で検索してみます。

1年間で30000円以上で販売された商品は43件でした。このくらいあれば十分需要はあります。ここから利益の出せそうな商品を探していきます。

するとこんな商品がありました。推測できるキーワードですとセンティナリー、アルフォンゾといったところですね。

詳しく見ます。

先程のキーワードでイーベイで「メリーソート アルフォンゾ」で過去に落札されていないのか見てみると・・・

検索結果では0件でしたが類似結果としては出てきました。(これはよくあることです)

さらに詳しくみます・・・

 

状態も良さそうな商品が11774円で仕入れ可能でした。ヤフオク販売価格35500円でしたので35500円-手数料3067円-仕入価格11774円=20659円の利益が出せる可能性がある商品だったことが分かりますね。これも十分利益が出せる商品ですね。

 

このようにカテゴリで絞り込みをしてメーカーを見つけてまたそのメーカーをひたすらリサーチしていく手法はとても有効ですので是非やってみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です