Pocket

こんにちは、染谷です。

 

 

さて今回は海外から商品を購入したあとどこで販売するのか?についてですが・・・ぶっちゃけ売れればどこでもOKです(笑)

 

 

というのも別に自分で今何かしらお店もってる人は店で売ってもいいですし週末にバザーに参加して販売してもOKです。(意外と同じことやってる人結構います)

 

 

ただ僕がおススメするのはやはりネット上で売ることです。

 

 

それも初心者の内はプラットフォーム上で販売することをおススメします。その中でAmazon、ヤフオク、メルカリのどれかで販売することがベストと思います。

 

僕自身今現在Amazon、ヤフオク、メルカリの3つとも販売している経験がありますがそれぞれ長所、短所ので説明していきます。

 

 

1.Amazonで販売する

長所      圧倒的な知名度、集客力があるのでで販売が非常に簡単。配送もAmazonに任せれば全て自動でAmazonがやってくれる。

 

短所      ライバルが圧倒的に多い。商品の価格競争が激しい。問題があった場合購入した側が圧倒的に立場が強く出品者に不利になるケースが多い。

 

2.ヤフオクで販売する

長所      こちらも知名度があり昔からの利用者がたくさんいる。Amzonに比べ高額の商品を購入してくれるユーザーが多い。

 

短所      購入者とのやりとり&発送が手間がかかる。また、クレーマーの方が一定の確率で存在する。

 

3.メルカリで販売する

長所      利用者数が近年伸びているので購入される確率が高い。また出品も簡単でスマホのみで全ての作業が可能。

 

短所      業者は排除されるので出品数が増えるとアカウントが閉鎖される確率がある。高額商品はあまり購入されにくい。

 

それぞれ長所と短所はありますがうまく使えばどれもしっかり稼げる有効なプラットフォームですので是非活用していきましょう!

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です